Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

uediary

uedaのdiary
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
Dr.ツクールのテーマ
『Dr.ツクールのテーマ』

へいへーいDr.ツクール
冴えなくたっていいじゃない
ぱっとしない どの世界を選んでも
躓いたら笑うよ ワン・ツー・スリー
実は始まったばかりの物語

へいへーいDr.ツクール
まあるい夢を切り取って みんなはおんなじ言葉を探してる
でたらめにするのさ ワン・ツー・スリー
この街を分かつ川のように

遠く睨んでたら 向こう側で風が湿ってきた
ゆれるミサイルを解き放てば世界が回るよ

少年の目は鈍く光るのさ 夜の闇 妖精に惑わされ
冒険はまだ始まったばかりさ 間仕切りのない空に描くよ

へいへーいDr.ツクール
足元は海原 漕ぎ出して恋は水色
雨上がりの空気 この街の何処かで明日も会えるはず

へいへーいDr.ツクール
考えようにようによっては 毎日おんなじ言葉で済むかもね
だけどきっと何かが待っている
『ざっとこんなもんさ』ってニヤッとして
実は始まったばかりの物語

Posted by うえだりょうた
songs / 10:16 / comments(0) / trackbacks(0)
やみくろ
 『やみくろ』

地下トンネルの深い場所に
息を潜めるやみくろ達は
自分の手足 ちぎって遊ぶ 
滲む血が深めた暗闇を

駆け抜けて行く 鉄の塊から 
わずかに光る目を見つめていたよ

仄暗い僕等の心を壊してくれよ ボロボロにさ

抜け出したいのかい  闇の塊から
眩しすぎるはずさ つぶらな瞳

雨漏りしてるバス停の屋根
血だらけで横たわる猫も
目を閉じたなら闇の中で
静かな夢を見るのだろう  

Posted by うえだりょうた
songs / 21:53 / comments(0) / trackbacks(0)
街角には感情なんてない
 『街角には感情なんてない』

街角には感情なんてない 街角には感情なんてないのさ
街角には感情なんてない 街角には感情なんてないのさ

放課後ラブレターの宛名は誰だい?
葉っぱみたいにくるりと舞ったり
三千円はたいて買ったCDが
コーヒーカップの下で睨んでも

そっち側に何が待ってる
花模様の傘をさし

かすかにゆれる 心の中で
ブランコ ぶらぶら漕いで行くのさ
コンパクトミラーの中に住んでる
小さな恋人 名前はないのさ

力尽きた風見鶏
 
 

Posted by うえだりょうた
songs / 21:51 / comments(0) / trackbacks(0)
漫画論
 『漫画論』

漫画はなんて 退屈なのか
バッグのチャック 閉じきれなくて
随分前のページの中 めくるより早く 遡って

勘が鈍って 君の名前も
見つからないぜ しおり代わりさ
どういう顔か忘れたなら とりあえず黒く塗りつぶして

右脳の世界で 君に会えたら
こんがらがった言葉を使わないで済むと思ってた
馬鹿にしても 多分気にしないね

もう経緯は 闇の中に
願い事なんて1つもないから
感情のない笑顔で もう一回 僕に微笑んで

Posted by うえだりょうた
songs / 21:49 / comments(0) / trackbacks(0)
森がある
 『森がある』

森があるよ 君の中 迷い込み 分かれ道

道しるべを ついばむよ ひび割れた 川の底

君は何も 話さずに 指先 呪う


Posted by うえだりょうた
songs / 21:47 / comments(0) / trackbacks(0)
カーニバリズム
 『カーニバリズム』

大丈夫さ 君は 若いからね

心配さ 君が 見ないからね

大丈夫さ 君は 若いからね
   
問題はひとつ 消えてしまえ

Posted by うえだりょうた
songs / 21:45 / comments(0) / trackbacks(0)
夕暮れ
 『夕暮れ』

窓を開けてすいこんだ風 夏の終わる匂い
いつか君と話した事を 思い出した夕暮れ
後ろ姿を眺めていた あの日の帰り道
赤い空に君が溶けてく 伸びる影に手が触れた

何も言えずに 僕の胸が少し苦しい
声にならないくらい 君を想っていた

どんなふうに時が過ぎても けして戻らないから
せめて声を聞かせてほしい 鳴いた空に日も暮れる

誰もいないところで 僕は歌を歌うよ
喉がつぶれた頃に さよならを告げよう

君の手を握って歩いた すべての風景を
あーあ 心にしまいきれない 遠く過ぎていく日々を

僕のいないところで 君は何を想うの
ここを動けぬ僕に さよならを告げよう

窓を開けてすいこんだ風 夏の終わる匂い
いつか君と話した事を 思い出した夕暮れ
後ろ姿が愛しかった あの日の帰り道
同じ道を一人歩くよ ここから見える夕暮れ

今朝の夢にでてきた君が 僕に笑いかける
口づけた時に 目が覚めたのさ
淡い光に消された

Posted by うえだりょうた
songs / 21:44 / comments(0) / trackbacks(0)
ハイライト
 『ハイライト』

まだ空は遠すぎて 僕は夢の中にいたい
手をつないだまま 慣れていくのさ
誰も知らないこのレター

一秒先の世界にはいつも同じ名前と視界
取り残されても流されていくよ
バラバラのラブレターを書いて

三日月色した手紙を出すよ

今がきっとハイライト これ以上は訪れないよ
後回しのまま 手つかずのまま ノイズを出し続けているよ
初恋のような雨が止んだら 晴れのち曇り
停滞 恋の鈍痛
アスファルト乾く前の匂い
思い出しても口には出せないよ

三日月色した手紙を隠して
何度も何度も雨が上がった



Posted by うえだりょうた
songs / 21:42 / comments(0) / trackbacks(0)
ルイ
 『ルイ』

飛び出してゆけ あの光追いかけながら
その先を恐れてしまうときでも
言葉を探したまま そのままなら暗闇に
飲み込まれるだけさ だから行くんだ 未来へ

さよならのあと 何度も振り返る
後ろ姿はいつでも胸が痛くなる
明日のことを考えてる間
帰り道は狭くなり心細くなる

意味のないことも大切なのだろう
君が夜に迷い込むその時は
道しるべになるから ほら

飛び出してゆけ あの光追いかけながら
その先を恐れてしまうときでも
言葉を探したまま そのままなら暗闇に
飲み込まれるだけさ だから行くんだ 未来へと 今

何が欲しいものなの 大切なの
わからないよ
だけど夢の中へ 会いにいくから
ほら
飛び出してゆけ あの光追いかけたまま
どこまでも行けるさ だから進もう  
未来へ


Posted by うえだりょうた
songs / 21:40 / comments(0) / trackbacks(0)
yasashisa
 『yasasisa』

起きなよ すぐに 目が覚めたのなら              
シーツに溶けて消えてしまうから
ガラスで出来た君の優しさが
あわくゆれたから恋は水色さ
君の言葉 霧雨のようで
呼吸がほら 乱れてしまって 笑う たちまち
静かな街の静かな闇 ひとりぼっちで歩き続けて
壊れたフリ 繋いだフリ 明日を探しながら
難しく揺れる君の踊り ライトはぼやけていくままに
朝になっても夜が来ても 触れたら壊れそうな気がしたのさ
心はいつも君を待っている
別れの言葉を忍ばせたまま
僕に出来る事 少なくなっていく
ありったけ 過ぎてく時間の片隅
あの日 不意に途切れたバッテリー
燃える空 抱え込むなんて 出来るはずないよ 臨界点すら飛び越えて
消える 薄れていく 声と記憶を混ぜ合わせて
僕は僕と待ち合わせる 別に会いたくないけどさ
難しく揺れる君の踊り ライトはぼやけていくままに
朝になっても夜が来ても 触れたら壊れそうな気がしたのさ

Posted by うえだりょうた
songs / 21:38 / comments(0) / trackbacks(0)