Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

uediary

uedaのdiary
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
新世界
 『新世界』

今すぐ旅に出るために
曇った空 睨んでる デタラメに
急いで 飛び出していく小鳥
真っ黒な目に映ってる 廃ビルの窓

静かに息をし続ける雨の日
さよならを隠していたよ
地下鉄は行く 誰かが動かして
少しずつ 頭の中 忍び込んで

粉々にされた脳みそから
鮮やかに奪い取られたのさ
言葉を詰め込んだ引き出し
閉じ込めたまま 踊ってるのさ

こぼれ落ちた 雫を飲み干して
蠢いて ふやけていくから
引きちぎるのさ 邪魔になるだけなら
価値もなく 引き裂かれて然るべきさ

ろうそくの火が揺られているから
この部屋を燃やしてしまうか
鍵のないドアを閉めたまま
鍵穴を覗いているみたいさ

この雨は火を消していくかな
過ぎるままに濡れているのさ
鍵のないドアを閉めたまま
鍵穴を探しているみたいさ

Posted by うえだりょうた
songs(リンリンズ) / 22:04 / comments(0) / trackbacks(0)
ひっさつわざ
 『ひっさつわざ』

ねぇ スニーカーに裸足で知らぬふり
昨日でゆがんで縦に伸びた映像
遮断機 はさんでポツリと呟いた
声は区間快速に飲まれていった

君の目 左目と右目の間の第三の目
ぬるい温度で加速してくよ 気になって嫌なんだけどさ

ねぇ あの子知ってる 恋をしらぬふり
昨日でゆがんで縦に伸びた映像
留金、朝焼け、歯ブラシを片手に
思い出せ 思い出したらすぐに忘れて

もうゲージは溜まっちゃったよ ガードしてたんだ
緩い温度の街の片隅 また今日も出ないんだ

暮れる空の向こうへ 飛び出したいと思っていた
消えないよう嘘を描きながら どこまでも行けるのさ
明けがたの空は僕の知らないような色をしていた
漫画の世界に飛び込むのは今なんだよ 確信してるよ

もうゲージは止まっちゃったよ ガードしてたんだ
緩い温度の街の片隅 まだ今日も来ないんだ

暮れる空の向こうへ 飛び出したいと思っていた
消えないよう嘘を描きながら どこまでも行けるのさ
明けがたの空は僕の知らないような色をしていた
漫画の世界に飛び込むのは今なんだよ 確信してるよ
歩き出して 走り出して
くしゃくしゃになったよ 目の前で
思い出して 忘れたって

Posted by うえだりょうた
songs(リンリンズ) / 21:56 / comments(0) / trackbacks(0)
おもちゃ箱
 『おもちゃ箱』

裂いた もう当然だ じっと待っていたんだ
どっか壊れたのさ 胴体の上
箱の隅々で 軋んだ不安を
噛んで 飲んで 吐いて 飲んで 思い出せないや

遠くから心臓音で 僕は見分ける
よろめきながら行くよ ゼンマイの脚で

バッテンとマルが挟んで 線引っ張って
ウィンドウの奥しゃがんで すねているのさ
紙に書いて 燃やす言葉 
思い出すことは 変えたいように感じていて 捲れないページ

鍵のない部屋で 体育座りで
朝を迎える幽体 精神の具現化
意味のない秘密 飴色の空
声が出せない 風邪気味治すのさ

遠くから心臓音で 僕は見分ける
鏡の向こう 広がるパルス

鍵のない部屋で 体育座りで
朝を迎える幽体 精神の具現化

意味のない秘密 錆び付いたまま
声が出せない ただのガラクタ

Posted by うえだりょうた
songs(リンリンズ) / 21:55 / comments(0) / trackbacks(0)