Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

uediary

uedaのdiary
<< 夏のライブラッシュ。 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
5年以上付き合っていた恋人と別れた話

先日、恋人と別れました。

彼女とはもう5年以上もの間、恋人という関係でした。

まだ一週間も経っていないので心の整理がついていない部分もありますが、少しずつ落ち着いてきました。

それでも思考が渦のように同じところをぐるぐると回っています。時間が経てばこの渦が徐々に薄れていくんだと思います。

同性・異性に限らず、人付き合いがあまり得意でない僕のことを一番分かってくれた人でした。

僕はそれまで自分の人生でこんなにも人のことを好きになることはない、こんなにも人に愛されることはない、と思っていました。

だけど5年前のあの日、彼女は突然僕の前に現れて、僕の人生を素敵なものに変えてくれました。

彼女と出会っていなかったら、自分がどんな人間になっていたかと思うと、とても怖くなります。

きっと人の気持ちなんて考えないどうしようもない奴になっていたと思います。

だからとても感謝しているんです。今まで一緒にいてくれて本当にありがとう。

彼女には結婚して子供を生みたいって夢があって、僕には青空教室の音楽でもっとすごい景色を見たいって夢がありました。

その2つが相容れないものだってことに薄々気付いていましたが、どういう結論になるか怖くてずっと触れられませんでした。

彼女も僕の音楽を好きで居てくれたし、誰よりも応援してくれましたが、もうついてくることが出来なかったみたいです。

一番大事な人を失ってまでやる価値があることだったのか、そうも思いますが、いくら考えても答えなんかありません。

もう僕には歌しかないんです。

おそらく時期が重なるのだと思いますが、彼女が僕と別れることを真剣に考えていた期間、僕は「二つの旅」という曲を作っていて

歌詞は彼女のことを想って書いていました。タイトルを「二人の旅」にするか、「二つの旅」にするか数日間迷っていました。

一言しか違わない言葉ですが、曲全体の意味を変える言葉だと思っていました。

結局歌っていてしっくりくる「二つの旅」にしました。

僕はこの曲、愛の歌だと思っていたけど、これ以上ない別れの歌だったんですね。

こんな必然があるのかって驚いています。「二人の旅」にしてたら別れてなかったかもね。

くよくよしても仕方がないので前に進もうと思います。

いつか彼女の人生のどこかで、また僕の音楽が鳴ってくれたら嬉しいです。

青空教室 うえだりょうた

Posted by うえだりょうた
- / 22:56 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 22:56 / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://weda.jugem.jp/trackback/528
TRACKBACK